子どもをまんなかに、

保護者と教職員が主人公の

PTA活動を展開しよう

〜自立し(自ら考え)、

協働し(共に学び、共有し)、

創造する(自らの提言をまとめ、発信する)

PTA活動を目指して〜



 児童生徒のソーシャルメディアの利用は「保護者責任」であると考えます。
 その利用に際し、宮崎県PTA連合会としての基本的な考えを示し、学校や関係機関と連携してネットモラル・メディアリテラシー教育を推進します。

(児童生徒)
 ◯ インターネットは世界中の人が見ています。
 ◯ 自分はもちろん、友達や知人の個人情報に関する書き込みはやめましょう。
 ◯ 家族の名誉や人を傷つける行為は絶対にしてはいけません。
 ◯ 利用しない、見ない、気にしないことも勇気だと知りましょう。
 ◯ トラブルに巻き込まれたら、先生や保護者に相談しましょう。

(保護者)
 ◯ 情報教育に関する保護者勉強会に参加しましょう。
 ◯ インターネット接続機器における保護者の責任を認識しましょう。
 ◯ 困ったときは、みんなで話し合いましょう。
 ◯ 家庭内のルールを決めましょう。
 ◯ 私たちが考える本当のコミュニケーションは、“FACE to FACE”です。
宮崎県PTA連合会は、

「ケータイ・スマホ 夜9時 電源OFF運動」

を推進しています。
子どもを守るネットモラル5か条

@学校や家庭でのルールを守ろう
Aメールやライン等で人の悪口や傷つくことは書かないようにしよう
B人の住所や電話番号等の個人情報は書かないようにしよう
Cケータイ・スマホは、夜9時になったら電源を切ろう
D何かトラブルがあったらすぐに相談しよう